美容関連のアルバイトについて

美容業界についてのあれこれをまとめました

まずはアルバイトから始めよう

将来、ヘアスタイリストになりたい人は、出来る限り早い段階で現場で働くことをおすすめします。
ヘアスタイリストへの道は長く、覚えることがたくさんあるので、人よりも多く経験を積んでおいた方が良いでしょう。
その為に大切なのが、ヘアサロンでアルバイトをするということです。
どうせアルバイトをするなら、将来自分が目指している職種で働いてみてはいかがでしょう。
ヘアサロンのアルバイトを希望する場合、面接ではどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。
まず、一般的な就職活動と比べますと、そこまで面接基準も厳しくありません。
お店のオーナーやリーダーに好かれれば、直ぐにでも採用をもらう事が出来ます。
ですが最低限のマナーは必要になりますので、髪型や服装は出来る限り派手すぎない格好で、清潔感を持って行くようにしましょう。
また、電話でアポを取る際には、電話の応対スキルを見られますので、特に注意が必要です。
実際に現場に入った時に、お客様から予約の電話が掛かってきたときに、変な対応をするわけにはいきませんよね。
ですので、電話をして面接のアポを取る際には、言葉遣いに気を付けるようにしましょう。
電話をしている時点で、面接が始まっている様な心構えで、電話をすると程よく緊張感を持って電話を掛けることが出来ます。
また、メールで応募をする際には、当然ですがビジネスメールを心がけましょう。
間違っても、絵文字などを使って応募をしてはいけません。
ヘアスタイリストの仕事は接客業であるという事を忘れずに、ちゃんとしたお客様対応ができるというアピールをする事が大切です。